木. 10月 6th, 2022

芸術家として世界で活躍している草間彌生さん、ロスの美術館でもグッズが人気を集めていてすごいなって思うよね。
そんな草間彌生さんが読売中高生新聞8月5日号の「現代アート特集」にて、10代の読者向けにコメントを寄せていた記事があったので紹介。
また、草間さんの希望による2017年に作成したメッセージも紹介。

【プロフィル】
くさま・やよい (1929年、長野県松本市生まれ)
水玉や網目が目を引く独特な作風で、世界中に熱狂的ファンを持つ。有名ブランドのルイ・ヴィトンやコム・デ・ギャルソンなどとのコラボ商品も話題を呼んだ。2016年には、アメリカの有名雑誌・タイムの「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた。

●「私の十代は絵を描かなければ生きていけなかった」
私の十代は重く苦しく、青春というものは程遠いものでした。「ハーイ、コンニチワ!」「愛はとこしえ 少女たち!青春がやって来るらしい」(というタイトルの)、得られなかった幸せな少女時代をテーマにした作品もあります。
そんな若かりし頃より、芸術の道を求めて、私は暗闇の中を死に物狂いで歩み続けて来ました。歩みを進めるごとに、 行先ゆきさきは遠く果てしないように思え、道のりは長く、苦しみもありましたが、絵を描くこと、作品を作ることに救われて来ました。絵を描くことが大好き、いや、描かなければ生きていけなかったと思います。自殺したいと考えない日はなかったが、それを癒やしてくれるのが私の芸術です。

●「毎日絵を描き、死ぬまで描き続けたい。」
私の作品を通して、若い人たち、未来の人たちの心と繋がって、時空を超えて未来永劫(えいごう※長い年月)、観る人たちの心の中に一緒に生きていきたいと願っています。私は死ぬまで心の限り戦っていきます。人生のおわりのその時まで。
ありがとう。心から感謝します。
これから一緒にすばらしい人間美と無限の宇宙に対していっそう高めて、愛のすべてを歌っていこう。興味を抱いてくれたなら、ありがとう。一緒にたたかっていこうね。
草間彌生の言語宇宙もまた見出して欲しい。私のメッセージを贈ります。

○「(2017年作成)草間彌生から世界のみなさんへメッセージ」
今、世界は様々な国々や人々の争いの中に騒然として美しい平和とは遠い中で、人々の悩みはいっそう深くなっていきます。
この混迷の地球の中の雑然とした世界の中で今こそ何を望み、人間としての毅然とした姿勢をいっそう高め、社会の一員として素晴らしい世界をみんなで力を合わせて構築してゆくべきだと思います。
私は毎日朝から晩まで芸術の制作に命がけで闘っています。
私の心の限り、命の限り、真剣に作り続けたこれらの我が最愛の作品群を私の命の尽きた後も人々が永遠に私の芸術を見ていただき、私の心を受け継いでいって欲しい。永遠に輝いた未来、そして人間愛の美しさと私のこの魂を受け継いでゆく事こそ絶大なる死後の私の願いであります。

私は芸術家として70年以上も作品を作り続けて毎日生命の尊さを祈り続けて参りました。私の心が沈んだときや、希望が薄れたとき、悲しみのとき、いつも私を支え救ってくれたのは、私の芸術家としての強い生命の輝き、それにより力をもって生き続けてこれました。
それらの力こそ私の人間としての信念でありました。
人生の浮き沈みの中に、いつも志を強くもって生きてきた今日にいたるまでの人生の歩み、それらの人生路の長かりし日々を私は真剣に、そして命がけで過ごしてきたことを、心から誇りに思っております。
「芸術家としての生きる心構え」が私の一生を支えてきました。

“芸術の創造は孤高の営みだ”
私のメッセージとしてこの信念を世界の人々に伝えたい。
私は死ぬまで闘い続けたい。私が死んだあとも皆さん、どうぞ私の創造への意欲、芸術への希望と私の情熱を少しでも感じて頂けたらうれしい。
多くの若い人やこれからの新しい世界をつくっていく方々が何か精神的な悩み、そして人生に対する悩み、そういったものがあった時に、私の生きてきた道のりや、私が唱えてきた世界観や思想を乗り越え、皆で偉大なる世界をつくられていくことこそが絶大なる私の希望であります。それを心より願っております。

さあ、闘いは無限だ
もっと独創的な作品をたくさんつくりたい
その事を考える眠れない夜
創作の思いは未知の神秘への憧れだった
私は前衛芸術家として宇宙の果てまでも闘いたい
倒れてしまうまで
これまで私の芸術の発展に力を貸してくださった多くみなさまに心からありがとうと申し上げます。

前衛芸術家 草間彌生より
それは世界の人たちと感動を共にすることに命を賭として成し遂げるものだと思います。

草間さんは前衛の芸術家なのか。今知りました。
ちなみに「前衛芸術」とは、階級闘争や文化闘争の最前線を担う人を描く、前衛的な社会主義芸術をさす場合と、20世紀的な新しい芸術観・方法・技法の最先端にたとうとする個人主義系列の芸術があり、既成の芸術概念や形式を否定し、革新的な表現をめざす芸術の総称。アバンギャルド。
以上

★私がおもう真の芸術家はいつもいつなんどきでも常に自分と世界と戦っている、愛に燃えている、世界を慈しみ、命の尊さにもがいている
そんな気がしてる。さて自分は芸術家として生きるのか?ビジネスマンになりたいのか?デザイナーになりたいのか?漫画家?ゲーマー?いろんな選択肢があってどれだったら命を燃やせるのか?まだ迷ってもがいています。自分がもぅ人生の半分に近い年齢に差し掛かってきていてそんなこと考えてるなんて遅いってバカにされるかもしれない。
けどそんなのは関係ないね。私は私の生きたいように生きる。明日死がおとづれるなら、なおのこと。だからまだ迷ってる。幸い迷える時間があって、嫌なことに耐えないでもそれなりに生活ができているんだよね。環境が変われば道も考えも変わるはずだと思いたい。ただ今はパートナーを愛し、力を合わせ世界や社会に影響を与える人間達になりたいとおもうよ。

By meme

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。