木. 10月 6th, 2022

↓今日は気になる記事を発見したので紹介!

年収1400万円の夫が、パートだが年収900万円も稼ぐ妻に対し、「グータラしないでフルタイムできちんと働き、もっと稼いでほしい」と望む投稿が炎上したそう。妻は本人にしかできない「特殊な仕事」を在宅でこなしているが、ハンモックで寝たり、ネットサーフィンをしたり、1日に実質2時間しか「仕事」をしない。夫からは怠けて見えて仕方がないが、妻自身は「私はだらけるのが好き。そのため最大限の努力をしている」とすれ違い。

【投稿内容】
「夫34歳、年収1400万円程度、出来高制のため変動あり。8時に家を出て子供を幼稚園に送り、17時一旦帰宅、子供が寝た後1~2時間働きます。妻35歳、年収900万円程度、固定。15時過ぎに子供を迎えに行きます。子供の幼稚園の休園や病気などの場合は100%対応してくれます。家事は70%。問題は妻の勤務時間です。パートタイム契約で、便宜上週30時間の契約になっているのですが、在宅ワークで実際仕事をしているのは平均して(1日に)2時間程度(中略)。少し特殊な仕事で、できる人があまりいません。私としてはそんなに時間に余裕があるなら、せめてフルタイム勤務になれば年収25%上がるのにと思うのですが、本人はフルタイムになれば今までのように子供が病気の時などに対応しにくくなる、家事を外注しなくてはいけなくなる、と言います。(中略)ですが、家の買い替えや色々と物入りなので少しでも世帯年収を増やしたいと考えています。どう説得すればよいかお知恵をお貸しください」

この夫の投稿には厳しい批判が相次いでいる。
「夫婦で年収2300万円の収入があれば十分!」「奥さんのメンタル面も考えてあげて!」「仕事が出来る奥様への嫉妬では?」と「奥様が羨ましいだけだと思います。別に900万円収入があれば、十分だと思いますけど」「どう考えたって、あくせく働いでいるあなたより奥様のほうが優秀だよね。そこは認めて、妻を支える気にはならないんだ?」etc

夫はこれについて「自分も家事育児を分担している」と反論。
「妻はだらけているように見える、というのが本音です。在宅だからと家にいる時は着替えもせず、部屋も最低限しか片付いていない。洗濯物も干し忘れていることもたまに、私が帰宅後一緒に干す事も。ネット動画など見ている時間も多い。これに関しては妻も、『私はダラダラする時間が好きだから、その時間を確保するための最大の努力をしてきた』と言っているのであながち間違っていないと思います。妻は30分ほどパソコンを触ったかと思えば、2時間ほど置き型ハンモックで携帯をいじってる。家事育児の分担については、朝子供の着替え50%、自分と子供の朝食の用意(シリアル、妻は朝食べず)子供の歯磨き50%、幼稚園の持ち物用意50%、食洗機の片付け50%」
以上

なんてゆうかさ、一世帯で2300万円は一般的な感覚からするとかなりの高収入だと思うよね。この金額で十分だと感じれないのなら生活水準が高すぎるんじゃないかね?いくらあっても足りない。でもさ、そもそもお金うんぬんじゃない感じするよね。自分はめっちゃ働いてるのに妻はラクして稼いでるって思ってる気もする。妻も妻で、夫にもう少し気づかっても良いきはするしね。自分がその立場なら着替えもしないのはどうかと思う。夫にも子供にもだらしない印象になると思うし、第一生活のメリハリをつける意味では着替えた方がいい感じする。でも最近はルームウエアがおしゃれだからね。指摘されないような服装でいたらいいのかもね。それから家事については子供いるわけだし共働きだし、二人で役割をしっかり話しあうべき。子供にも手伝ってもらうのも必要。なんか日本は妻に対して育児や家事の負担が大きすぎるって世界でも有名な話しなわけで、こうやって2022年も変わってないのが浮き彫りになってるよね。とにかく夫婦でまず目線を合わせていかないと、片方の価値観や考え方を一方的に押しつけてしまうことになりかねないと思う。お金なんていくらあってもキリがないから、体第一ベースで考えた方がいい。時間は有限なり。

By meme

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。