金. 3月 1st, 2024

2024年が始まりました。年末年始は浜崎あゆみのカウントダウンライブへ参加しエンターテイナーとして25年の真髄を極めた舞台を肌で感じれました。そして我が身を思いました。私はこれといった好きなものも没頭できるような事柄もいまだになく、何もかもが中途半端で非生産的な毎日を過ごしてきたなぁと。そんなことを考えながらライブ中は楽しい時間なはずなのに無情を感じずにはいられなかった。私も人々に夢をみせたい。エンターテイナーとして誇れる作品をこの世に生産したい。行き着く先は福祉でこの世界をより良い世界に変えたい。心から強く思いました。1月15日は願いを口に出すと叶いやすいということで「世界で有名な絵本を創る」この言葉を宣言しました。なぜ絵本かというと、漫画や4コマや色々なものが作りたい気持ちはありますが、世界で通用できる早い手段なのかなと思ったからです。

ところで24年の干支である辰年というのは、万物が成長して動きが盛んになるとされています。つまり、2024年は「物事のはじまり」と「大きな成長」の年と言えそうです。そしてスピード勝負の年でもあるので時間を操りガシガシ挑戦や活動をするのが開運アクションとなるそうです。とはいえスローで怠け者な私ですのでどこまでできるかは自分との戦いです。最近ネットフリックスで話題の「ファーストラブ初恋」というドラマ作品の監督をされた寒竹ゆりと成田悠輔の対談を拝見しました。そこで話された寒竹ゆりの言葉が胸に響きました。「もっとも大切にしていることは?」の問いに、「作品に愛される努力をしていく。作家は作品の奴隷。潜って捧げて、それでやっと作品に振り向いてもらえる、アイディアをいただける」。潜る。捧げる。どちらも皆無の私。今からでも遅くないかな?

とにかく英語力、エイム力、品性力をあげ、自分の作品を、海を渡れるIPを創造する。今年の目標です。

By Rozetta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です